2011年03月03日

破風鼻隠し板金

昨日は、午前中に雨樋取替え工事を済ませ
午後からは、急遽依頼を請けた破風鼻隠し板金工事に行ってきました。

施工前
某ハウスメーカーの建物
新築時から破風鼻隠しは板金で施工されています。
瓦を葺き替えた際に瓦割の都合か?
木製の瓦桟が取り付けてあります。
写真ではきれいに見えるかもしれませんが・・・
所々腐食して穴が空いていました。
2011030211030000.jpg

施工後 
ガルバリウム鋼板 0.4ミリ ギャザー柄を曲げ加工して取付
木製の桟木も濡れないように覆ってしまいます。
2011030212180000.jpg

施工後 
鼻隠し側は雨樋を一度取り外し、ガルバリウム鋼板を取付後、復旧
雨樋部品は全て再使用したので工賃のみで済みました。
2011030214250002.jpg


最近・・・
破風板金工事の依頼が多い
塗装をしても10年程で剥げてしまう・・・又、塗装の繰り返し・・・費用も嵩む
それに比べガルバリウム鋼板だと後々のメンテナンス費が掛らないので
依頼を請ける事が多くなってきてるようです。

八幡西区 屋根 泣潟tァイン






posted by リファイン at 12:43| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。